膝が痛いたときののコラム |沖永整形外科  一般社団法人 蕨戸田市医師会
沖永整形外科

埼玉県戸田市の沖永整形外科では、健康を第一に考えた地元に寄り添う治療を行っています

膝の痛み

膝が痛い

膝の痛み

変形性膝関節症

症状 加齢により関節軟骨が老化しすり減って、関節の変形が生じます。
初めは歩き始めに少し痛いぐらいですが、次第に正座や階段の上り降りが大変となって来ます。
膝の中に水が溜まったりする事もあります。
原因 加齢や過度な運動による消耗により関節が次第に変形します
治療法 お薬を飲んだり、ヒアルロン酸の注射をしたりして経過を見ます(コンドロイチンの内服は効きません)、理学療法士による早期の可動域訓練や筋力強化でかなり症状は緩和されます。
症状が進行すれば手術することもあります。

靭帯損傷(じんたいそんしょう)

症状 膝の関節をつなぐ靭帯と呼ばれるスジが切れ、日常生活が送りにくくなります。
原因 スポーツや交通事故などで大きな負荷がかかると、そのスジが切れこれを靭帯損傷といいます。
中でも前十字靭帯と言うスジが切れると、スポーツをするのに不便なため手術をすることが多いです。
治療法 前十字靭帯損傷は手術になることもあります。画像診断ではMRIが有用です。

半月板損傷

症状 歩いていて「ゴキン」という音がしたり、膝折れをしたり、上手く曲げ伸ばしができなくなったりすることがあります
原因 膝の骨と骨との間にはクッションの役割をしてくれている半月板という軟骨がああります。
それが、加齢などによりもろくなってきて軽微な怪我で損傷することもありますし、若くてもスポーツなどで、ひねるような動作が加わり損傷することもあります。
治療法 ヒアルロン酸注射による経過観察が主ですが、アスリートの方は手術を行う場合もあります。