沖永整形外科

埼玉県戸田市の沖永整形外科では、健康を第一に考えた地元に寄り添う治療を行っています

腰痛

腰痛

腰の痛み

腰を後ろに反ると痛い

病名 椎間関節症(ついかんかんせつしょう)
原因 椎間関節とは背骨の骨と骨のつなぎ目の部分を指し、何かの拍子に腰痛を感じてしばらくしてから疼痛が増強してくるようなものはこ れが疑われます。
治療 安静を取ったり内服薬を飲んだり注射やコルセットをすることで治療します。

腰の筋肉由来のもの

症状 外傷による腰の痛み
原因 突発的に腰を酷使する、例えば引っ越しなどで多くの荷物を上げ下げする時などにこの症状が出ます。また、いわゆるぎっくり腰の1 つのパターンでもあります。
治療 治療方法は安静にし、お薬を飲んだりコルセットを巻くことで治療します。

椎間板ヘルニア

症状 椎間板は脊骨の間にあるクッションの役割をしている軟骨で、これが傷んでも腰痛を引き起こすこと があります。
加齢や運動などで椎間板が悪くなります。
原因 椎間板ヘルニアは椎間板が足の神経を圧迫することによって、痛みが強くでます。一般的に腰痛が先行しその後、脚に痛みやしびれが でます。
治療 症状が強い場合は手術も考慮されます。

骨粗しょう症

症状 痛みは強くないですが、腰が曲がって身長が低下します。そうなる前に予防が大切になるのです。
原因 骨からカルシウムが拔け強度が低下した状態を骨粗しょう症といい、腰が重くなったり、痛みも出ます。
放置しておくと、お布団を持つなど少し重いものを持つだけで腰骨の骨折を起こしたります。
治療 軽度の場合は、お薬で治療します。症状が強い場合はコルセットの着用や手術も考慮されます。

脊柱菅狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)

症状 脊柱管は脊髄通している管です。太ももや腰に痛みやしびれが出て一息に長い距離が歩けなくなるの が特徴です。
原因 年を取ると脊柱管が狭くなり神経への血流が低下することで起こります。
治療 お薬による治療がメインですが、あまりに歩ける距離が短い場合は手術に至る場合もあります。

脊椎分離症・すべり症

症状 腰痛の他にも、おしりや太ももの傷みが出たリします。
原因 多くは第二次成長期にスポーツなどで腰を繰り返し繰り返しそらしたり回したりすることで起こります。
治療 10代でごく早期に発見さればコルセットをすることで分離症が治癒することも期待できます。放っておくと慢性的な腰痛の原因にな ることもあるので、早期の治療が大切でしょう。

腰椎変性すべり症

症状 太ももや腰に痛みやしびれが出ます。
原因 高齢になると腰椎(腰の骨)がずれることで脊柱管が狭くなり、脊柱管狭窄症と似たような症状が出ます。
治療 レントゲンで診断し、お薬やリハビリで治療しますが、症状が良くならなければ手術することもあります。

仙腸関節由来のもの

症状 腰痛、お尻の痛みがでます。
原因 腰椎の下の脊椎を仙椎と呼び、骨盤の上の方の骨を腸骨と呼ぶことからその骨の間を仙腸関節といいます。ここが、炎症を起こしたり して腰痛の原因になります。
治療 内服や注射、運動療法を中心としたリハビリで治療をします。

整形外科以外のもの

原因 解離性副大動脈瘤、膵炎、胆石、十二指腸潰瘍などの内科的疾患、尿管結石や膀胱腫瘍などの泌尿器 科的疾患、子宮筋腫や子宮内膜症などの婦人科的疾患でも腰痛が出る時があり、鑑別が必要です
治療 症状が疑われる場合は戸田中央総合病院をはじめとして他の専門医をご紹介いたします。